脇の黒ずみの原因が制汗剤脱た?意外な盲点だったという事実

脇の黒ずみの原因が制汗剤脱た?意外な盲点だったという事実

脇の黒ずみの原因が制汗剤にある場合も考えられます。
脇汗は、臭いだけではなく、衣服に汗ジミができることもあり、年中手放せない方も多いです。
エチケットとして、いつも使用しているけれど、それが脇の黒ずみの原因になるというのではあれば、困ってしまいます。

制汗剤は、汗を吸収、収れんする成分が入っています。
スプレーなどをすると、毛細血管が収縮して、発汗が抑えられます。
ということは、汗は出ないけれど、肌は血流が悪くなるので、メラニン色素で防御とようとします。

そのメラニン色素が繰り返し分泌することで、色素沈着が起こり、脇の黒ずみができてしまいます。
スプレーやパウダーが毛穴につまってしまい、それも肌にはマイナス。
黒ずみだけではなく、毛穴がボツボツとなったり、角質が厚くなって、硬い脇になるなど、制汗剤も肌トラブルの原因になっています。

制汗剤を使わないわけにはいかない。
そんな声も多いでしょう。
最近では、手軽な制汗剤だけではなく、価格は高いですが、制汗効果のあるジェルやスキンケア商品があります。

また汗だけなら脇汗パットなども併用するなど、デオドラント商品のタイプの種類は多いです。
制汗剤一つで、脇の黒ずみを増やしたり、解消することができるということです。
また日頃から、美白基礎化粧品として、ビタミンC誘導体の美白化粧水や美白クリームなどでケアをすることで、脇の下なのにプルプルな肌にすることも可能です。美白にこだわったケアをしてみましょう。